短く近況を。

定禅寺通りのけやきの木々は、どんな様子だろう。 晩翠通りの銀杏の木々はどうだろう。 晩夏から、ぼつぼつ初秋に入ろうとする季節になってしまった。 この4月に腰を痛めて、今日まで外に出ていない。 車椅子で何度か、整形外科、針灸整体に出た以外、ほとんど部屋の中で過ごしていた日々。 腰の痛みはほとんど無くなった。 ベッドから…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

楽しい句会 明日の金足農

今日の日曜日、この仙台はさわやかな秋の気配を感じさせます。 わたしをほっとさせてくれます。 「白露降る」 七十二候のひとつ そういう初秋の季節なっています。 それでも、まだまだ暑い日々がつづくでしょう。 昨日は晩翠句会 出席者は六名、欠席投句者二名、投句四〇句。 和気あいあいの楽しい句会、一時に始まり、四時きっかりに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

つれづれなるままに

今週の土曜日は第22回の晩翠句会。 いまの体調では、正直しんどいかな。 でも、この句会があって、会話を含めて人とのふれあいを楽しめる。、 俳句が、現在の自分の生活の中での、今では一番の生き甲斐になっている。 出かけることが少なくなり、この句会が、私にとっては大切に感じている。 いい俳句は作れなくなっても、続けることだと、自…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

甲子園がはじまる、しんどい日々と

あゝ、もう8月5日。 今日、甲子園が開幕した。 100回記念大会、松井秀喜が始球式に、偶然開幕第一試合が彼の母校の星陵高校だった。 すっかり大人々々した落ち着いている姿だった、そうか国民栄誉賞の御人、あたりまえか。 また、しばらく大好きな高校野球に夢中になりそうだ。 まだまだ暑い日が続きそう、それにしてもこの暑さも異常気象…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more