あきお君、快挙と言ってもいいかな

今日の仙台は快晴。

さっき、大学女子杜の都駅伝、名城大学がテープを切りました。画像
仙台の街並みがテレビに写しだされる、せっかくだからスタートの仙台市陸上競技場からゴールの仙台市役所前市民広場までをきっちり最後までをみました。

とにかく、私は、マラソン、駅伝などの中継を観戦するのが、大好きなんです。
何故か私には、選手の息遣い動悸なんかがテレビ越しに(嘘やおまへん)聞こえてくるのです。
一生懸命走っている姿に、次にタスキを繋ごうという思いも伝わってくるのです。
そして、正視できない、とんでもないハプニングがときどきおきるのです。
前回の女子実業団駅伝、右足を故障、両手両膝で這って300m、タスキを繋ぐんだと必死の、点々とアスファルトに膝からの血が、あれは感動ものでした、そんな光景にすっかり弱くなっている私の眦から涙、涙、止められませんでした。

新年元旦の実業団駅伝、2日、3日の箱根駅伝も今から楽しみにしています。


昨日、夕刻7時にピンポンとチャイム、こんな時間に「なんやろ?誰かいな」画像
郵便局から「届け物です」って。
「道俳句会」からの小包でした、宛名は私ではありません、あきお君宛でした。
開けてびっくり、立派な「盾」が入っていました。
私なんかは、もう遠い遠い昔、高校でハンドボールをやっていた頃、国体でたった一回もらったきり。
あとは、どうでもいいようなカップは、もらっていても。

年一回の俳句結社「道」全国俳句大会が、札幌でこの10月21日でした。
小生もあきお君も、欠席投句で、出句していたのです。
応募総数266句、その中での入賞13句のうち、12番目にあきお君の句が選に入ったのです。
選は、「道」の主宰、幹部同人、礫作家、扉作家同人による総合点でした。
あまたある作品のなかで、12番目の評価には、あきお君自身も面食らったようでした。
俳句を初めて、ほぼ2年、彼には、彼特有の感性があるかなっては思っていましたが。
又、その一瞬、うるうる感動、アカンわ、ほんと涙もろいこと。

ところで私の句には、僅か3点、恐れ入谷の鬼子母神、チョンチョン。

10月26日が彼の誕生日で、昨日の10月27日もめでたいことが、2日続きでした。
とびっきりのお寿司、豪華なケーキ、ワインで乾杯、お祝いしました。

その入賞句
天髙しすべてがうまくいく予感
私の出句は
窓に顔向けて愁思の始まりぬ

上五「天髙し」の季語、中七下五の言葉、取り合わせお見事でした。
私の句は、最近の心情から発した言葉、ちょっと寂しすぎですね。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック