成田山仙台別院、近くの春日神社

七草粥、鏡開きもあっという間に過ぎ、もう今日は成人の日で、どんと祭。
ぼうーっとしているうちに、1日、1日、瞬く間にすぎてゆくの日々。
今年も、自分にとっては、月・日・時間は無事にそして速く流れて逝くのだろう。画像
そういう風に考えちゃいけないのだろうが。

今年はじめのブログに、小生は今年は本厄と、来年は後厄と書いた。
若いころ、厄年なんて気にもしなかったのに。
いつ頃からか、あれこれの事業に手を出し、挫折やら失敗を繰り返すうちに、厄というものに気を留めるようになり、高島易断の暦など見るようになった。
水商売をはじめたころかな、厄年の度に祈祷してもらうことに。
もうこの齢、こういう病気をもらった以上、厄年だからと云って、そんなに気にすることもないと思うのだが…。
今年はあきお君も前厄だから、近いうち成田山仙台別院で祈祷してもらおう、と思っている。
ちょっとおあしは嵩むけど。
良いことであっても、悪い筈はないし。
せっかく、この別院から、年末わざわざ葉書きを寄こしてくれたし。

それはそうと
近所の春日神社に3日の日に、初詣にいきました。
廻りには「初詣」の幟を立てているのに、なんでしょう。画像
閉まっているのです。神社の中には誰も居ないのです。
そう云えば去年の三が日の日も閉まっていました、ただ去年は雪が降っていたから早く閉められたのでしょう、とお参りもせずひきあげたのでした。
今年はたまたま、すぐ後から来た二人のご婦人が、慣れているのか、硝子戸の一か所が小さく開いていて、その向うの下の賽銭箱にお賽銭を投げ入れ、礼をしてひきあげていきました。
あきお君が、それを見て、お賽銭を小生の分も投げ入れ、拝殿の鈴を鳴らし、丁寧に2礼2拍1礼してひきあげて来ました。
私は、そこの石段を今年は登れません、あきお君に恃んだのです。
それにしても
いくら小さな神社とは云え、正月三が日の晴天の昼日中誰も居ないなんて、どうなんでしょう。
ま、新年からつべこべはやめましょう。
御心、御心を広く。

ひとつの気になっていたこと、去年でけりがつき、肩の荷がやっと降りました。
それでも、すっかりではありません。
当てにしている大切なものは残っています。
もう、このことはブログでは、書くことはやめましょう。

あぁ~、稀勢の里、予想はしていたのですが、案の定初日から黒星でした。
ファンを長く続けてきた小生にとっては、残念で辛いことです。画像
もう、引き際ですよ。
もうぐずぐずせず、気持ちよく引退しましょう。
引退後、いい親方になって、先の将来大相撲界の芯になってください。
貴乃花が去った相撲界だからこそ、君に期待です。
そのとき、もう私は居ないでしょうが。

まだ白鵬がふんぞりかえっています。
また暫く日本人横綱は、今の現状、誕生しないでしょう。
それと、嫌な情報が、白鵬が帰化するらしい、と。
まさか、何年かの後、大相撲の理事長なんてことになる可能性は無きにしもあらずでしょう。
大相撲は日本の国技、それは、まず無いか。
いやいや今や国際社会、わかりません。

巨人だって、生え抜きであんなにチームに貢献した内海投手、長野外野手を、平気で他球団に放出する時代です。
これにも、がっかりした巨人ファンは多いことでしょう。
古い体質の人間となった自分には、ファンと云う在りかたが分からくなりました。
もうかなり前から、球団を応援するより個人を応援する状態にはなってきていましたが、ね。

それから、樹木希林さんに続いて、市原悦子さんも逝きました。大好きな演技派女優さんでした。
がっくりです。
自分も含めて、そういう年代なんですね。
天命でしょう。

  初夢の言ひ惜しむまに忘れけり

29464hour

この記事へのコメント

白い石
2019年01月19日 20:49
今年も宜しくお願いしますね(^_^)/~
お互い頑張りましょう。
ブログ写真、楽しみにしています。
麦雨
2019年01月20日 18:15
白い石さま
こちらこそ宜しくです。
続けられるだけ、拙いブログ頑張りますね。
お母さまを大切に介護をネ、宜しく伝えてください。

この記事へのトラックバック