白内障の手術します

あれあれ、毎日が雨雨雨、まだ続きそう。画像画像画像
梅雨時だから、普通でしょ、ってかたづけていいのだったら、いいんですが…。

私には、ツライこの時節、あゝたらこうたら、書きたいことだらけなんだけど。
やめときましょう、愚痴っぽくなることは。

あゝ兎に角、暑い暑い夏でいいから、気圧がグーンと上がって、スカッとした晴れた青空が欲しいな。

あ、そうそう、やっと白内障の手術を受けることにしました。画像
かなり前から、目の調子が良くはなかったのです。
外に出たら、太陽がやたらに眩しいし。
夕方から、目がしょぼしょぼしてくるし、
夜になると、テレビの画面のちいさな字が読めなくなりはじめてたし

掛かりつけの眼科医が
「じゃ、手術にふみ切りましょう」
やっと、いってくれました。
「それでも急ぐほどの状態でもないですよ」
「いえいえ、どっちみち手術するんだった、早いほうがいいんですが」
心の中では、「もうこんな歳、あとどのくらい生きられるか、わからないでしょ。早いほうが良いに決まってるでしょ」と
呟いていました。
やっと、7月8日、K病院に手術の紹介状を書いて戴きました。
ここでこまごま検査を受けた後、手術日が決まるのです。
なんか混んでいるのか、わかりませんが、こうなったら1日でも早く受けたいものです。

手術は右目だけです。
以前、たぶんログにも書きましたが
左目は高校生2年生のとき、部活のハンドボール練習中、シュートが至近距離から目を直撃。
大阪大学病院で手術、その当時の網膜剥離は、現在のように完治は不可能だったのです。
左目は、目の中心部が見えないのです、もちろん今でも。
それ以来、
いつも右目だけで、見ているのですよ。

だから手術も病院で一泊することに。

これは余談ですが
上皇后の美智子さまも、つい最近白内障の手術をされた、とニュースが流れていました。

青梅雨の金色世界来て拝む  水原秋櫻子
おのが突く杖音に涼新たなり  村越化石

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック