わたしの城下町

仙台はまだ梅雨明けしないのかな⁉
さっき、33,9℃まで、気温は上がり、今、午後4時前だが空は快晴!
でも、小生には、毎日のようになんとも云えない頭重がときどきある。


熱を測れば、昨日も37℃、今日も37,2℃の微熱が木曜日から続いている。
風邪気味なのは間違いないが、なんとも体調は良くない。
これが頭重とあわさり、まず気分が悪い時間帯がある。

ま、脳梗塞を患っている自分には仕方ないことなんだろうナ。
考えまいと思うんだが、やっぱり時にそれがクスぶるんだナ。

ま、しゃーない、しゃーない、気圧が低いあいだ、頭重はわたしのお友達と思おう。

あるノンフィクション作家のエッセイからヒントを得て
小生なりにおもしろおかしく筆ってみましょう。

「わたしの城下町」は、大阪育ちの私には、やっぱり大阪城だろうな。
悩み多き、10代だったか、はたち前後に作った句

梅雨の夜の大阪城のエメラルド
梅林の香にゐて仰ぐ大阪城

雨でビショビショ大阪城がわたしの涙目にはエメラルドに…。
梅林なんて、若いころのわたしには、梅の花より香りに惹きつけられていた。

あの頃、昭和30年代の京阪電車の終点は天満橋、そこから歩いて大阪城のすぐそばの茶店で、昼に夜に、よくあぶらを売っていた。
クヤシイこと、ナヤミヌイタときが、その茶店がわたしを落ち着かせる場所だった。特にサミシイときが・・・。
あゝ「茶店」って喫茶店のこと。そのころの表現はやっぱり「サテン」
(たのしいとき、うれしいときは別の場所だった)
私の住んでいたのは京阪沿線の「香里園」
そこから京阪急行で「香里園」から「京橋」で、ひとつ停車し終点が「天満橋」だった。
とにかく、「わたしの城下町」はそこなのだ。
言っときますが、その当時の「香里園」って、とっても雰囲気のいい、そして品のいい人達が多い住宅街のなかにありました。

啄木の

”不来方のお城の草に寝ころびて空に吸はれし一五の心”

思春期センチメントっぽい、みんなが知っている歌。
わたしもこの短歌には、心惹かれたよ。
啄木の「わたしの城下町」だろうし。

啄木.jpgmoriokasiro.jpg


で、思い出すのが梶光夫の

「流れる雲よ、城山にのぼれば見える君の家……ああ青春の思い出は、わがふるさとの城下町」
で、そのあと当然、小柳ルミ子の(格子戸をくぐりぬけ……)何故かわたしは大声で歌ってしまう『わたしの城下町』
これほど左様に啄木の「一五の心」ってのは共同体に呪縛された日本人の”演歌の心につながっている。

それと、もう ひとつ

”いたく錆びしピストル出でぬ砂山の砂を指もて堀りてありしに”

これは
石原裕次郎の『錆びたナイフ』
♪砂山の砂を指で掘ってたら、まっ赤に錆びたジャックナイフが出て来たよ♪
を作りだしたと…。私がときどき口ずさむ大好きな歌。

なんやかや、あんまり意味ないこと書いたような。
今日はこれで、チョンとします。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント