手術から無事帰還

白内障手術、無事に終え、25日の午前中に自宅に帰り、ホッとしました。
こんなに見るものすべてが明るく見えるのだったら、もっと早くやっておけば、と。
でも、先月、掛かりつけの眼科医の許可がやっと下りたのだから、それはそれで正解だったのだろう。

今、裸眼でパソコンを打っている。
あんなにド近眼だったのに、すごいと思う。
3、40センチ先までメガネなしで鮮明にみえるし、なんといっても、この画面がきれいで真っ白。
画面にでるものすべて鮮明な緑、青、赤。ん?
座っている身ほとりが、部屋のなかが、明るくて気持ちいい。

手術してくれた先生が「しっかりすっかり、濁りがとれましたよ」
わざわざ病室まできてくれて、笑顔で話してくださった。
いい先生に当たったと思っている。
その日の手術は7人だった、と。
メガネを新しく作るのは目が落ちつく1週間先、来月1日くらいらしい。
しばらくぼんやりして過ごさないといけない。
3種類の目薬を、日に朝、昼、夕、寝る前と今度の診察日まで続けなければいけない。
たいへんだ、ただでさえ今飲んでる薬を飲み遅れたり、飲み忘れたりするのに。

とにかく、左目が網膜剥離で中心部が見えない、片目で16歳から60年間酷使続けてきた、この右目は疲れているはず。
大切にしてあげねばなりません。

で、もって、パソコンを打つのも本日はこのへんで。

  人生は分かれ目ばかり鰯雲
  葡萄食ふぽつりと本音もらしつつ


ねぐら.jpg

honn.jpg

"手術から無事帰還" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント