義兄が大動脈乖離

今日は、この冬で一番寒いです、天気は良いけど。
久しぶりの寒波が日本に押し寄せました。

6日の夜、夕食中に、固定電話が鳴った。
えっ、こんな時間になんだろ?
夜は携帯にはあっても、固定電話にはほとんどありません。
大阪の2番目の姉から、嗚咽で声をふるわせて
「うちのが、あぶないねん、あぶないねん、今日、集中治療室で緊急手術を終えた」と
じっくり、詳しく問えば、大動脈乖離だと。
もう、いまにも義兄が死にそうな、そんな口調だから、びっくり。
今まで、そういう経験がないから、かなり動揺しまくっていた。

6日の朝、散歩からかえった義兄が、突然七転八倒して、
「胸が痛い、腹が痛い、あぁ胸が…」と、リビングをのたうち回ったと。
急いで救急車、枚方の医療センターに運ばれ緊急手術に至ったと。
酒もたばこも飲まない、ほんに健康で品行方正な義兄だ、だから「まさか?」
とは云うが、病は突然くる。

後で落ち着いて様子を聞けば、医師が云うには
「予断は赦さないが、90%は命は大丈夫ですよ」
一安心。
明くる日、電話すれば姉は、かなり落ち着いて居て
「もう、びっくりしたわ。私の家族でこんなこと無いから」
《これからは、あるで》 と心の中では呟いた。
義兄は10年生まれ、尚子姉は12年生まれ、ケッコウな齢やで。
ま、パソコンで動脈剥離を調べてみたが、かなりの日数入院はするだろうけど、大丈夫。
ってことでした。

その夜、尚子さんとの電話を切った後、3番目の姉健子さんに、すぐ電話した、ことの顛末を。
健子さんも動揺
「うちのお父さん(勿論義兄)には黙っとくわ」
「最近、気弱なことばっかり言わはんねん、もう、俺、ながない、もう、ながないって」
健子さんも今月中に心臓にカテーテルを入れるとか、彼女も大変なときなのだ。
最近は、健子さんとは、時々、電話で自分の体調(特にしんどいとき)や愚痴などを聞いてもらっている。
健子さんの亭主と、尚子さんの亭主は、おない年。
だから「黙っとく」に。
「そうや、黙っとき! 言わんほうがええよ、よっぽど悪くなったら別やけど」と言っておいた。

そして、そのあと妹の良子さんにも電話です。
彼女は5年前に癌で亭主を亡くしている。
彼女はただただ絶句。
ハナシはくどくどせず、共通の話題、俳句の話に持っていきました。
彼女は大きなウチで、たった一人で住んでいます。
良子さんが、わたしには不憫でなりません。
《ひとり》はいけません。
小生には《ひとり》は、とてもとても無理です、誰かがそばに居なければ。

 四捨五入すれば八十年の豆
 やなことは忘れることよ日脚伸ぶ

それにしても、恐いですね、コロナウイルス。
小生には、感染=イッパツアウト ですね。

o.jpgk.jpg

"義兄が大動脈乖離" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント