天皇誕生日おめでとう 万太郎俳句を高柳克弘が

今日は、国民に親しく浩宮様と呼ばれ、今は徳仁皇。
要するに、今日は天皇となって、初めての徳仁天皇の誕生日です、60歳。
一般参賀がコロナウイルスのため、中止となったのは、参賀を楽しみにしていた人達には、甚だ残念なことでした。

はやく新型コロナウイルスが治まることを祈るばかりです。
東京オリンピックを中止にしては、絶対いけません。


先日、いや昨日録画しておいた「NHK俳句全国大会」を鑑賞しました。
時代は、刻刻と変わっています、選者も、勿論著名な年端のいった俳人は多かったようですが、中に坊城俊樹、高柳克弘、神野紗希(ふたりは夫婦だったとは)など若い面々も居ました。
もう、鷹羽狩行、稲畑汀子などは選者として呼ばれてなかったです。
ま、この大会を観たのも何年振りかでしたがね。まだ金子淘汰が現存だったかなァ。
確かにすばらしい句が選ばれていましたね。

そこで今日は
高柳克弘が『どれがほんと?』万太郎俳句の虚と実 「俳句文学館」の月一回の新聞のコラム欄《この一冊》に載っていたことを掻い摘んで。
”時計屋の時計春の夜どれがほんと” 久保田万太郎
この句に因んでつけられた「どれがほんと」
購入して読んでみようかな。
小説家、劇作家でもあった万太郎、江戸下町の情緒と義理人情を描き、独自の作品を遺した。
俳人としても「春燈」の創刊主宰。
現在でも、万太郎ファンの俳人は多い、小生もひとりのファンかも。
多くのひとが「下町の抒情俳人」と認識しているが、その認識となったのが先の一句らしい。
他に
”なにがうそでなにがほんとの寒さかな”
「どれがほんと」「なにがほんと」と問い続けた万太郎が見だした「ほんと」とは掴みどころのない曖昧さで不確かな記憶であり、その不確かさを俳句の表現に取り入れた点にこそ、万太郎の言葉の芸があると著書は説く。
どうやら、虚と実の狭間にたゆたう万太郎俳句の魅力を論じた画期的な評論であるらしい。万太郎.jpg

主な受賞歴 
菊池寛賞、読売文学賞、NHK放送文化省、文化勲章(1957年)

私の万太郎の好きな句
  湯豆腐やいのちのはてのうすあかり
  何もかもあつけらかんと西日中
  神田川祭りの中をながれけり
  あたたかやしきりにひかる蜂の翅


ラーメン.jpg

"天皇誕生日おめでとう 万太郎俳句を高柳克弘が" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント