あんな内田正人がno2、日大関係者はやりきれませんね。

昨日は2時45分から、アメフト加害者学生の会見をみたくて、あきお君のタブレットを持って介護予防センター早稲田イーライフ青葉のリハビリに行きました。 あの加害者宮川泰介選手に、わたしは涙してしまいました。 こんな誠実な選手がなんで? 追い込まれていたんですね、やったあとで気付いたと。 やってしまった重大さにテントのなかで大泣き…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大谷翔平 出ました5号

あさっての13日の日曜日は母の日です。 遺影にカーネーションでも飾ろうかなって思ったりしています。 こんな高齢になっても母は母ですよ。 それと、その日仙台ハーフマラソンが行われます。 この4月、ボストンマラソンで優勝したばっかりの川内優輝が出場します。 他、有力選手は中本健太郎、設楽悠太、それに手ごわい外国勢もかなり出るよ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

詐欺みたいな試写会 バサロ?で海を横断

衰えのひとつに視力蜃気楼 1年程前から、眼科医に白内障が少しありますよ、まだまだ普段の生活には差し支えない、まして手術するほどのことではないと・・・。 しかし、今、眼鏡をかけても視力は0,7どまり。 現状では、いくらメガネを調整しても0,7が精いっぱいらしい。白内障の手術をすれば1,0まで上がるかも知れません、と。 だ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

試写会「孤狼の血」

いよいよ明日あたりからゴールデンウィークに入る方々が多いかも。 アッシにゃ、まったく関係のないことだ。 ここんところ、物忘れがヒドイことは承知の介。 とうとうやらかしちまった、22日の日曜日。 句会員の方に用事があって、携帯電話で掛けようとしたが、携帯電話(勿論ガラケー、アッシにゃスマホなんかは不要)が見つからない、いつもの…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

サンデーモーニングの午前8時40分からはもう見ません

寒くなったり、陽気になったり、天候は安定しない日が続いている。 通年、これが普通なのかな。 なんだかよくわからぬ。 毎日のように歩行に出るようになり、その日その日の天候が気になるのが、私にとっては日課のひとつ。 つい3年ほど前の健康なころ、そんなに気にならなかったのに。 とにかく、特に寒さには敏感になった、今の私は風邪を引…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

春風邪

今日は、もう4月11日に 大谷翔平があんなに頑張っているのに、ヘタッテチャいけませんネ。 あれだけ風邪には注意していたのに。 不覚にもすっかり風邪にやられた。 先々週の中頃から、からだ中の筋肉の動きが、喉が、寒気が、特に腰痛が酷い。 半端じゃないしんどい日が続いた。 本当に齢を取ったんだな。 掛かりつけの医者は「肺炎が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

後ろは上原浩治だろうよ

あっと言う間に、もう4月2日 仙台の桜も、まもなく満開だ。 なのに 小生の体調は、なぜこんなに辛いのだろう。 辛いと考えるから、辛いのかな。 今、この時の体調が普通なのだと思えば、普通で、辛くないのかも知れない。 そう考えよう。 ときどき、「あれっ、今、俺って鬱なのかな」って思えるときがある。 老人鬱ってあるのかな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高校野球と大相撲

いよいよ春の選抜甲子園です。 三日前に開幕しました。 ここまでの8試合、なかなかの好試合が続いています。用事が無い限り、見られる時間帯は、ゆっくり観戦しています。 優勝は、ずばり大阪桐蔭が史上3校目の春連覇と、私は予想しています。 もちろん東北のチームには応援は惜しみません。 開幕戦の福島の聖光学院は勝ち上がり、今、日大山形が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

35616 。川中美幸コンサート。

今日は春分の日。 生憎の曇り空、昨日とうって変わって、またまた寒い日に戻っている。 夕方には、雨が降り出すって天気予報。 桜が咲きだすってのに。 まぁ、今日明日過ぎたら、本格的な春になるだろう。 それにしても、相変わらずやたらにしんどい朝が続いている。 そんなに体重もないのに、身体がすこぶる重く感じ、だるくてだるくて。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東日本大震災の日から7年

今日は3月11日、東日本大震災の日。  3・11頭にこびりつきはがれなく 麦雨   朝からテレビもラジオも特番、どのチャンネルも鎮魂・復興のこと.、とりあえずNHKテレビを、黙祷の2時46分まで、つけつづけておこう。 あれから7年、もう7年たったのですね。<a "> あの日の恐怖の数々、少しずつ少しずつ遠…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

理学療法士の大切さ

一昨日の土曜日、昨日の日曜日、雲ひとつない晴天。 特に昨日の日曜日は、気温18,8度まであがり、ポカポカ陽気。 一転、今日は雨模様。 ベランダの沈丁花の芽が膨らんできた。 2年前にお見舞いにもらった鉢植えの紫陽花にも青いものがではじめたようす。 その紫陽花は去年咲かずじまいだった、あんなに欠かさず、心を込めて水やりをしたのに。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

平昌五輪 東京マラソン 貴の乱

「あゝ、しんど!」 小生は、ほんとにしんどいのです。 ”♫ちゃららん、ちゃ♫~あー、なぎさのしんどバッド~♪♪” 歩道橋を必死に昇っている時、そばであきお君が歌いだします。 それには笑うほかしかありません。 こうして冗談っぽく元気づけてくれるのです。 ひさしぶり、外にでました。 外気にふれ、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

晩翠句会 フィギュア男子フリーの快挙

またまた朝起きたら雪が。 歩行もいつも通り、一番の上の12階の通路でやろうと、ところが通路にもかなりの雪が吹きこんでいた。 「まあ、たいしたことないか」 歩き始めてすぐ、少しの雪なのに靴がすべり、態勢がくずれ、転ぶ一歩手前で踏ん張った。 やれやれ危ないところだった。 もう少しの我慢かな、この寒さは。 昨日は句会。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

建国記念の日

昨日は建国記念の日。 神武天皇が即位されたのが、紀元前660年2月11日。 そんな古い古い歴史を持つ国、海に囲まれて、四季があり、山河の美しい国。 日本という国に生まれた幸せを、幾人のひとが感じているだろう。 少なくとも、私はこの国に生まれて良かったと思っている。 昨日、一昨日は私には久しぶりのやさしいやや温かい日和だった…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今日は立春 9日は平昌オリンピック

今日は立春。 ぼつぼつ梅の蕾は膨らみ始めているだろう、近所には梅の木は見当たらないが。 「立春」、季語としては春のものだが、体感的にはとても春とは思えないのは、ずーっと昔からのこと。 しかし、それにしても相変わらず寒い日が続いている。 今日もしんどいのを承知で、寒いなか歩行している。 昨日も今日も歩道橋の昇り降り、さすがに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

松田瑞生、栃ノ心、おめでとう、そして私は春を待つ。

まだ、しばらく寒い日が続きそうだ。 ときどき、何人かの友人から、「身体、大丈夫ですか」ってメールが送られてくる。 昨日も来た。 「あゝ心配してくれる人が居る」、胸がちょっぴりと熱くなって、頑張らなくちゃと。 ときどき気弱になる自分と、なにくそと思う自分が居る。 前回のブログに「健康と元気は違う」って書いたけど、やっぱり「一…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「健康と元気は違う」なり

昨日が大寒、一番寒い季節の真っ只中。 足の動きは、春夏秋のシーズンに比べるとやはり思わしくはない、それでも毎日歩行しなくてはいけない、歩行をさぼれば一気に脚力は衰える。 歩行訓練が苦痛だと思ってしまえば、確かにそうかも知れないが、そんなことまったく思ってはいない。 それが今の生活の一部、楽しみながら歩いている。 これから先の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

どんと祭、他。

今日は、どんと祭。 3年前までは、毎年大崎八幡宮。 自宅からは10分くらいで歩けるすぐそばなのに、今の小生にはとても遠い距離なのだ。 去年からは自宅そばの小さな春日神社に松飾などを納めている。 今日もいつもの歩行訓練を兼ねて、午前中にすませた。 実はこの日が今年の初詣だったのだ。 左義長、三毬杖、とんど、どんどん焼き…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サンデーモーニングは毎週見ています

遅ればせながら、新年おめでとう。 もう今日は7日、七草粥の日 そう云えば、もう大昔の話だが、母は毎年せっせと作っていた。 あの昭和の30年代のことを思い起こせば、今の時代は…、なんてくらべちゃいけませんね。 古来からの風習、行事を忠実に守っている家庭など、もうそうそう…。 いきなり話しは変わって 今朝のサンデーモーニ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「よしもとお笑いフェス」に中川家、とろサーモン。

平成29年も今日で終わりなり。 小生にとって、必ずしもいい1年であったとは言えまい。 だからと云って、明日からの来年には幸運を、とも言い難い。 とにかく1年、1年、無理なく悔いなくたんたんと生きることかな。 来年は76歳。 よく生きて来れたものだな、いつ死んでもおかしくないのだから。 無駄に過ごす日があっても、もうこの齢…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more