テーマ:70代のblog

俳句は日記の一部のように

私の俳句の出発点は、母親。 誰のどこのどの母親よりも、私は母を大切に思っていた。 今でも心のなかに、ときどきふっと過ぎる。 その母親がこよなく愛した俳句を、私は若いころ少しは齧っていたが、かなり晩年になってから本格的に始めた、遅すぎた。 60才で亡くなった母は、 「俳句はいいよ、情緒が豊かになり人にも自然にもやさしくなれる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第5回晩翠句会

先週の18日の土曜日、第5回晩翠句会だった。 前日、前々日はあんなに暖かだったのに、この日は、またまた逆戻りとても寒かった。 すぐ近くの市民センター、歩いていく予定だったが、足がかたくて車椅子で。 栗原市から参加の昭彦くんに車椅子を押してもらった。 市民センターに行く前ウチに寄ってくれていた、3人分のお昼を持って。 彼には…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

石垣島かハワイに住みたい。 猫も飼いたい。

さびしさでふくらんでゐる寒雀 立春は、とうに過ぎた。 やっぱり「名のみの春」、今日も寒い、明日も寒いだろう。 あたたかい日が、わたしには待ち遠しい。 欠席投句をしてくれる沖縄の景子さんに、伝言があって、昨日初めて電話した。 彼女は禎女さんの仙台での友人、写真では見たが、会ったこともないひと。 去年、諸事情があって沖縄…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

流れ行く大根の葉の早さかな

先日の第4回晩翠句会。 ひとりが欠席投句、初めての男性の参加者1名で9名。 彼も仕事はすっかり引退、日記がわりに、自己流で俳句を作っていると。 「思い切って参加しませんか、他に初心者のひとも居るから」 と、声をかけたら、やっと腰をあげておそるおそる来られた。 私としては、とても嬉しかった。 約束通り5句をもってきた。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

忘れることの増えたりし

雪蛍そばにおいでよ好きだから 行間をゆつたりとりし初日記 ふっと本棚に目がいって、 ちょっと読んでみようかな、と。 寒い日が続く今の私は歩行に出るとき以外は、ほとんど外に出ない、パソコン、俳句だけみたいな生活、たまに小説かエッセイでも読んでみようって。 何年前に買った本だろう。 池波正太郎のエッセイ「続私の齢月」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小寒が過ぎ、やがて大寒、まだ寒い日が続くのか

小寒や生きる証しに人は病み 一年を平らに伸ばし新暦 小寒は一週前の5日、大寒は20日。 小寒でも大寒でもこの時季、私を含め病身の人たちには特にこたえる時。生きていればこそと、どこか開き直っている。心の持ち方だ。最晩年の子規は重篤ながら、好物を食べ続けた、彼にとっては食べることが生きる証しだった。 カレンダーの巻ぐせ、みんなに…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

謹賀新年

無理に食ぶ雑煮のもちは四切れなり わが机辺に正月などはなにもなし 少なくとも去年より、いいお正月を迎えました。 少しずつ体調がよくなっていく予兆を感じています。 いや、よくならなくてはなりませんね。 去年の正月は、その前日(大晦日)に病院から外出許可を無理やり得て、身体も思うように動けない元旦だけの自宅でした。 そし…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

第3回晩翠句会 今年最後のブログ、良いお年を。

今日含めて今年もあと3日なり。 毎年のことだが12月はアッという間かな。 この間の句会のこと。 ひとりが私のまぎらわしい言動で、1時間ほど遅刻した。 句会が始める前に電話するも、出ない、ありゃ困った、どうしたものか。 句会はいつも通りの時間にはじめた。 再び3,40分後電話、通じた。 それにしても携帯電話を不通知にして…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

麻雀大会のこと、もろもろ。

故郷のいよいよ遠し帰り花 マスクして声穏やかな我が主治医 今日はあったかい冬至となりましたね。 17日(土曜日)の久しぶりの麻雀大会は、なんら心配することなく楽しくできました。 みなさん、歓迎してくれて、いろいろ喋りながらアッという間の快感の4時間。 あんまり負けることは好きでない性分、ちょぴっとプラスでした。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

次週、再来週の土曜日が楽しみ

今日お昼じかんに雪が降った。 最近は昼食前に歩行に出ることにしている。日が落ちるのが早い夕暮れは避けている。 今日その歩行に出た直後に雪が降りはじめた。 雪が降るのは嫌いではない、雪が降っているのを眺めているのは好きだ。 でも降り積もった雪道は、今の私には転ぶ危険があって歩けない。 ときには氷点下に達する真冬を迎える、これ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第2回晩翠句会

先月の句会のこと、ブログにするのが遅くなったかな。 とにかく楽しい句会を、と願ってはじめた句会。 今回も平穏にというか、和やかに楽しく終えた。 とにかくギクシャクするのは困る。 とかく他では、尖っていたり、変にプライドを鼻にかけるヤカラがいたりする。 また、主宰者以外の人が他人の句を勝手に推敲をしたり、いじったりは、やっち…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北四番丁駅から泉中央駅まで 

今日で10月も終わり、今年も後二ヶ月です。 先日、退院後はじめて地下鉄に。 自宅から北四番丁駅までの700mを歩き(もちろん杖をついて)。 エレベーターでの乗り降り、泉中央駅まで往復。 改札を抜け、心配していた電車の乗り降り、案外スムーズ。 まだ、自分ひとりでの行動は無理かな。 しばらく泉中央駅のコンコースや、また店に入…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

句会のこと

10月23日の日曜日 小生主宰の初句会をしました。 やっとの7名でしたが、雰囲気はとても和やか楽しい船出でした。 まぁ、気負わずやっていこうと思ってます。 まず最初に句会の名前です。 最高齢の恒治さんの 「ここは晩翠通りに面しているから晩翠句会はどうですか」 誰もが賛成して晩翠句会と名付けました。 本来は「道」俳句会仙…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

すっかり晩秋です、律の調です。

さてさて、いよいよ寒くなりはじめた。 小生にはやっかいな冬に入っていくのですね。 筋肉が萎縮しないように、うまく過ごさなければ。 歩行が、スムーズに足が前に出ないように感じる。 気分的なものかも。 少し寝不足のせいもあるが。 今日の歩行は自宅から生協までにして切り上げた。 ここんところ、友達がよく訪ねてきてくれる。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

脳梗塞のこと、句会のこと

又、大型台風が・・・。 でも日本列島には上陸しないだろう、と、高を括っています。 この時期の台風はすごいですよ、こわいですよ。 なんだか先週の土曜日から体調がおもわしくありません。 ちょっと身体は重いし足腰もだるいし、なにより考える集中力が足りないような。 それでも今からも、歩行訓練にでます。 一日でも歩行訓練を休めば、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大相撲のこと

豪栄道の全勝優勝から二日たった。 いまさら大相撲のブログは遅いかな。 この秋場所も稀勢の里の綱取りがかかっていたが 私は場所がはじまる前から、稀勢の里には過剰な期待はしていなかった。 それが予想だにしていなかった豪栄道が、中盤あたりからのあの破竹の勢い。 まして全勝にはびっくり。 まぁ、白鵬が休場していたとしても、よくや…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

歩道橋を上りきる

ここ2日仙台はすっかり寒くなってしまった。 昨日までほんの少し開けておいたベッドの部屋の窓も、昨夜から閉めて寝るようになった。 リハビリデイサービスのこと。 掛かりつけの病院の先生、ケアマネさんとも話し合って、週に一回にした。 自己管理さえしっかりすれば、そう人を頼らないでやるべきことをやればいい、と。 ま、一応あきお君も…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

花冷えやメニエル病を受け容れる

みちのくも、やっと本格的に温かい春が訪れたかな。 桜前線も北へ北へと、北上中。 花冷えやメニエル病を受け容れる 春雷の豆曳く音に混ざりける たんぽぽやあの日のままの浜還らむ 今日の午前中、やっと結社への投句をすませた。 こんなに句材の多い季節なのに、句がなかなか出来なかった。 「一目千本桜」の満開の桜のことは、目に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

14日は満開の桜の一日

なるほど見事な桜、桜、桜が続いていた。 船岡駅から大河原駅までを電車はスピードダウン。 JRも演出してくれている、まさに満開のさなかなり、感激。 仙台に何十年も住んでいて、はじめてこの時期この路線に乗った。 車を手放してほぼ1年。 それまでどこへ出かけるのも、ほとんど車だった。 船岡城址公園には何度かはのぼって、一目千本…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

鵯通ひくる日かさねて梅咲けり  母の句

俳句のこと 俳句を、ちょっと真面目にやってみようと取り組んですでに8年になる。 学生のころ、俳句をやっていた母の付き合いで少し齧ったのが始まりだった。 その頃は、齧っただけで俳句の「は」もできてなかったような。 俳句を解っていたと・・・、今から思うと解ってなかった。 あれからほぼ半世紀。 この8年間でかなり勉強したつ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

生きているじゃなく生かされている

今日もすっかり春だ。 さっき仙台もやっと梅の開花宣言、平年より26日も遅かった。 長女の姉淳子の七回忌は厳かに京都八幡市の神應寺で。 施餓鬼供養のあと、そのまま他の檀家さんも一緒に姉の法事の場に。 そして久しぶりにいい講話を聴かせてもらえた。 そのなかで、強く感じたことは人は「生きている」じゃなく、「生かされていることに感…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

童ともなりて朧の八十路かな 化石

俳人村越化石さんが死んだ 奇しくも昨日3月11日の朝刊に記事があった。 3月11日、この日は誰もが忘れない。 小生は、この日を境にして悲しい唄を人前で歌えなくなった。 途中から声が詰まり始める。 恥ずかしげもなく大きな舞台で、人をひととも思わないで唄っていたのに。 そんな自分を信じられない。 そんなに繊細だったのだろう…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

久しぶりに大阪に

3月17日、姉淳子の7回忌。 もう7回忌、ほんとうに時がたつのがはやい。 大昔のことだが 母が早世したあと、長女の姉淳子には計り知れない世話になった。 小生は成人していたのに、情けないほどとても甘い人間だった。 母が死んだショックでしばらく立ち直れなかった。 実家を離れ姉の家へ、何年かは親代わりだった、亭主も居たのに。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

嫌な事件が続きます

「すみません」って声を掛けられれば、「はい、なんでしょうか」でしょう。 なんとも云えない嫌な事件が続きます。 それで命を落とすなんて、気の毒でなりません。 この国にも考えられない人が、心が病んでいる人がさらに増え始めました。 人を信用できない世の中なんて、悲しいことです。 勿論ほとんどの人は正常なんですがネ。 高校生…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

沈丁花鉢に愛しくいとほしく

ベランダに出たら、ほのかに沈丁花が匂った。 ちいさくちいさく白っぽい花が咲いていた。 去年の今頃だったかな、買ったのは。 なんにも手入れしたことがない、勿論肥料もあげてない。よく頑張っていたな。 ただ水だけは忘れないでときどきは与えていたが。 パソコンで調べたら、結構育て方は難しそうだ。 これも大事にしてあげよう。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ようやく春らしくなり始めました

「よかった」、喫茶店にけっこう大勢来てくれました。 土曜日も日曜日も、うれしいかぎりでした。 ほんにいい人ばかり。 ふらついていた身体も、すっかり忘れるくらい楽しかったようでした、ひとごとみたい。 久しぶりに会うお客様との会話、そのやりとりが私を明るくさせてくれました。 四か月間、身体をまったく動かしていなかったから、カウ…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

オリンピックと喫茶店

日本選手、頑張っている。 羽生結弦にも重圧があった。 演技そうそうの最初のジャンプに転び、そこから前半にミスが何度も続いた。 二回目に転んだときは、 「あ~、金メダルは無理~」 すっかり、そう思った、点数も伸びなかった。 続いて、パトリック・チャン、最初の4回転、3回転見事に成功。 「あっ、やっぱり彼に金メダルは持って…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

羽生結弦がんばれ

喫茶店、今月22日(土)23日(日)オープンします。 この二日間は無料にすることにしました。 約ここ四か月もご迷惑をおかけした分、そうすることにしました。 珈琲はじめすべてのドリンク飲み放題です。 カラオケも好きなだけ歌ってください。 まだ体調は本物ではありませんが、がんばることにしました。 このままでは、小生、病人…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

原稿依頼

道路にも歩道にも、まだまだ雪が厚く残っている。 自転車はとても危険。 今日は久しぶり地下鉄を利用して、サウナに入りたくてスポーツジムにいった。 祭日なのに思ったより人がいた、いや祭日だから多かったのかな。 運動はやめて、お風呂とサウナだけにして、2時に帰って来た。 韓国戦のカーリングが見たくて。 う~ん残念、敗けや。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

寒い寒い日が続く。

大雪が来る前に・・・、 喫茶のお客さんがメディアテークの中でお会いしたいと。 もう随分昔から懇意にしているお喋り好きな78歳のKさん。 昭和53年当時からだから、本当にながい付き合いになる。 今日は10時半から正午まで珈琲を飲みながら雑談した。 喋るわ、喋るわ8対2ぐらいの割、もちろん私が2。 私はほとんど相槌ばかり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more