テーマ:独り言

後ろは上原浩治だろうよ

あっと言う間に、もう4月2日 仙台の桜も、まもなく満開だ。 なのに 小生の体調は、なぜこんなに辛いのだろう。 辛いと考えるから、辛いのかな。 今、この時の体調が普通なのだと思えば、普通で、辛くないのかも知れない。 そう考えよう。 ときどき、「あれっ、今、俺って鬱なのかな」って思えるときがある。 老人鬱ってあるのかな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

成田山不動尊仙台別院へ

6月26日、成田山新勝寺仙台別院に行った、予め祈祷をお願いして。 今年の自分の運勢は八方ふさがりの年、三が日の間にはきちんと祈祷して戴こうとは決めていた。 ところが元旦は丸一日、それから一週間くらいは時おり強烈な眩暈、吐き気に襲われていたのだ。 想い出すのも嫌なくらいとても辛かった。 もう今年も半分がすぎたか。 自分な…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

うなだれる選手にやさし芝の青

負けました、とても残念でした。 2敗1分。 どうなのでしょう、日本のサッカーのレベルはまだまだなのでしょうか。 とにもかくにも、一生懸命応援しました。 体調に差しさわりないように、昨夜は早めに寝て。 5時前に起きて。 そんな方はいっぱい居たでしょう。 言いませんよ、選手や監督に不満は。 じゅうぶん楽しませてくれました…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

約束に急かされすこしオーデコロン

梅雨の最中なのに仙台は、今のところ雨が少ない。 そのうちどっと降るのだろう。 体調はゆっくりゆっくり回復に向かっているかな。 朝起きたとき、からだのふらつきがほとんどない。 ただ夕刻になると、ちょっと頭重が来るし、ふらつきもある。 油断はできない、なんといってもメニエールって難病なのだ。 難病なのだろうが、ま、深刻には思…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

一日照り一日は降りてさくらんぼ  村越化石

今日は麻雀大会 もうほとんど夜は出れなくなった、高級スナックが主催だ。 半年ぶりに出場する。 午後3時から半チャン4回の4時間あまり。 ま、なんとか体力を保てるだろう。 今回は勝敗はドガエシ、久しぶりみんなと会えるのが楽しみだ。 部屋で燻っているのは、どうも性に合わない。 イライラが募っている最近、ちょうどいいのか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

癒える日のいつまで待たむ梅雨じめり

いよいよサッカーW杯が始まる。 とても楽しみだ。 グループリーグのすべての試合がライブで午前中に観れるのがうれしい。 決勝トーナメントに勝ちあがれるかどうかは、第一戦のコートジボワール戦にすべてがかかっているといって間違いなかろう。 まず、そこを突破することを期待している。 初戦で負ければ、決勝トーナメントに進む確率はがく…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

二夜三夜傘さげ会えば梅雨めきぬ 石田波郷

仙台も梅雨に入る。 気圧が低くなり、メニエールの私には辛い時期かも。 頭重の日が増える。 誕生日もあっという間に過ぎ去った。 生涯で2番目に不本意な誕生日だったかな。 それでも、感謝はしている。 きちんと祝ってくれる人がいる。 最悪の誕生日は17歳。 高校2年のとき、大阪大学付属病院に入院した。 部活はハン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

母の日に映画のなかの母に泣く

映画試写会「ぼくたちの家族」に。 ほぼ50年前の私の母が、映画の中の母にダブった。 先週の21日に仙台市長町のMOVIX仙台。 24日の土曜日に新宿ピカデリーで公開されている。 文部科学省特別選定作品。 長男役の妻夫木聡が好演、今年のアカデミー賞には間違いなくノミネートされるだろう。 母親役の原田美枝子、次男の池松壮亮、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今日はとても静かな雨の日

昨日、もう遅いだろうと思いながらも、藤の花を子平町の千田氏の私宅へ鑑賞にでかけた。 残念なことに盛りは過ぎて、すでに花の半分は落ちていた。 例年より今年は早かったらしい。 それでも、場所によってはじゅうぶん楽しめた。 私宅なのに、毎年多数の鑑賞客が訪れているのだろう。 椅子がいっぱい並べて置いてあった。 きっと、迷惑なこ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

雑誌や本のこと

ここ何年かは俳句関連の本を買う機会が多い。 それだけ俳句に打ち込んでいるかと言えばそうでもない。 俳句のことを考えているのは、月のうち1週間くらいかな。 ときどき新聞広告で目についた単行本を、ほんのときどき買ったりはしているが。 ちょっくら読んでもいいなくらいな本なら、近くのメディアテークの中の図書館が私の書庫。 ちょ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あヽ、もう立夏は過ぎていた。

私はここ半月はかなり疲れていたかな、ブログも書かなくて。 ゴールデンウイークのすべての休日を、齢にもメゲズ喫茶店営業をがんばったのだ。 頑張ったと云っても、私はほとんど身体を動かさず皆様との会話のお相手。 土曜日、日曜日、祝日だけ限定の週に2,3日の営業なのだ。 カラオケしたり駄弁ったりと、のんびり過ごす方もけっこう多かった…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

花子とアン 高視聴率24,2% 毎日楽しんでいる。

連休谷間の今日は久しぶりの雨。 降ったり止んだりのしっとりしたやさしい雨だ。 朝からの静かな雨やさくら餅 麦雨 去年詠った句をおもいだした。 今日はさくら餅のかわりに、くじら餅。 はじめて食べた、山形の最上名物と明記されている。 「くじら」というから「鯨」でも? と思うもまったく関係なし、小豆とくるみ、うるち米粉ででき…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

花冷えやメニエル病を受け容れる

みちのくも、やっと本格的に温かい春が訪れたかな。 桜前線も北へ北へと、北上中。 花冷えやメニエル病を受け容れる 春雷の豆曳く音に混ざりける たんぽぽやあの日のままの浜還らむ 今日の午前中、やっと結社への投句をすませた。 こんなに句材の多い季節なのに、句がなかなか出来なかった。 「一目千本桜」の満開の桜のことは、目に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

仙台も桜が咲いた

昨日、仙台も開花宣言、平年より4日早いとか。 おととい、三越の「ザ・ビートルズ展」にいった。 展示j場の入口でいきなり耳に飛び込んできた音楽に耳が反応した。 やっぱり耳からきているのだ、と、このメニエールは。 つんざくような高音部の金属音に耳が反応した後、急に気分が悪くなった。 頭が重くなり曇ったように感じに、目にほん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

祝日「山の日」のこと

「山の日」のこと 国民の祝日として「山の日」が加わりそう。 7月の第3月曜日の「海の日」に続き 8月11日を「山に親しむ機会を得て、山の恩恵に感謝する日」と。 家族がそろって休みを取りやすいお盆前を選んだ。 「海」があるなら「山」もあっていい、と 作曲家の船山徹さんが提唱したらしい。 山は荒れ、清流も減る現代、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鵯通ひくる日かさねて梅咲けり  母の句

俳句のこと 俳句を、ちょっと真面目にやってみようと取り組んですでに8年になる。 学生のころ、俳句をやっていた母の付き合いで少し齧ったのが始まりだった。 その頃は、齧っただけで俳句の「は」もできてなかったような。 俳句を解っていたと・・・、今から思うと解ってなかった。 あれからほぼ半世紀。 この8年間でかなり勉強したつ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

牛黄清心元

漢方薬を買った。漢方薬を飲むのははじめてだ。 「牛黄清心元(ごおうせいしんげん)」という漢方薬、第2類医薬品だ。 あれから何か月になるだろう、まだメニエールに悩まされている。 すんなり完治するだろうと思っていたが、不本意な日々が続いている。 今は普段の生活には支障はきたさない程度までには、少し回復しているが 現在の私の人生…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

生きているじゃなく生かされている

今日もすっかり春だ。 さっき仙台もやっと梅の開花宣言、平年より26日も遅かった。 長女の姉淳子の七回忌は厳かに京都八幡市の神應寺で。 施餓鬼供養のあと、そのまま他の檀家さんも一緒に姉の法事の場に。 そして久しぶりにいい講話を聴かせてもらえた。 そのなかで、強く感じたことは人は「生きている」じゃなく、「生かされていることに感…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

尚子さん、絵画展入選

おととい、大阪から帰ってきた、たった一泊二日の。 きつかった。 やっぱり、体力がかなり落ちている。 4,5ヶ月も臥せっているような状態では、あたりまえか。 そのメニエール病を差っ引いても、体力の落ち込みに愕然。 ある程度覚悟はしていたが 姉淳子の7回忌にはどうしても出たかったから、仕方ないよな。 せっかく大阪へ帰る…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

童ともなりて朧の八十路かな 化石

俳人村越化石さんが死んだ 奇しくも昨日3月11日の朝刊に記事があった。 3月11日、この日は誰もが忘れない。 小生は、この日を境にして悲しい唄を人前で歌えなくなった。 途中から声が詰まり始める。 恥ずかしげもなく大きな舞台で、人をひととも思わないで唄っていたのに。 そんな自分を信じられない。 そんなに繊細だったのだろう…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

久しぶりに大阪に

3月17日、姉淳子の7回忌。 もう7回忌、ほんとうに時がたつのがはやい。 大昔のことだが 母が早世したあと、長女の姉淳子には計り知れない世話になった。 小生は成人していたのに、情けないほどとても甘い人間だった。 母が死んだショックでしばらく立ち直れなかった。 実家を離れ姉の家へ、何年かは親代わりだった、亭主も居たのに。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

嫌な事件が続きます

「すみません」って声を掛けられれば、「はい、なんでしょうか」でしょう。 なんとも云えない嫌な事件が続きます。 それで命を落とすなんて、気の毒でなりません。 この国にも考えられない人が、心が病んでいる人がさらに増え始めました。 人を信用できない世の中なんて、悲しいことです。 勿論ほとんどの人は正常なんですがネ。 高校生…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

明日、喫茶店がんばります

四か月ぶりの喫茶店だ。 久しぶりにみんなに会えるかな、来てくれるかな。 なんとなくうれしい。 まだ治りきっていないメニエール。 実はまだふらついている。 「規則正しい生活をしなければいけない」と自分に言い聞かせている。 明日は、口数も少なく、ゆったり、おだやかに、上品に(無理かな)会話しょう。 失礼のないように。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

原稿依頼

道路にも歩道にも、まだまだ雪が厚く残っている。 自転車はとても危険。 今日は久しぶり地下鉄を利用して、サウナに入りたくてスポーツジムにいった。 祭日なのに思ったより人がいた、いや祭日だから多かったのかな。 運動はやめて、お風呂とサウナだけにして、2時に帰って来た。 韓国戦のカーリングが見たくて。 う~ん残念、敗けや。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

寒い寒い日が続く。

大雪が来る前に・・・、 喫茶のお客さんがメディアテークの中でお会いしたいと。 もう随分昔から懇意にしているお喋り好きな78歳のKさん。 昭和53年当時からだから、本当にながい付き合いになる。 今日は10時半から正午まで珈琲を飲みながら雑談した。 喋るわ、喋るわ8対2ぐらいの割、もちろん私が2。 私はほとんど相槌ばかり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雨の輪王寺

昨日、ちょっと足を伸ばして北山の輪王寺まで散歩した。 途中から雨が降り出した。 昨日はさほど寒くなく、少し濡れながら歩き続けた。 あきお君が雪吊りを見たいからと、庭園の中に入った。 庭園へは、300円の有料、5,6年前に入ったことがある。 さすがに行き届いた手入れだった。 雪はどこにも無い、雨の日の雪吊り、それも又いい眺…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

外は雪。焼き立てのパンに野菜サラダと紅茶で朝食。

月並みだけど、あっと言う間に1月が今日去ってゆく。 今年の仙台(私の住んでいる街なか)は、つもったと言うほどの積雪はまだありません。 ところが、今ベランダに出たら、雪が降っていて駐車場の車が真っ白。 でもきっと積もることはないでしょう。 雪、たまにいいです、しばらく眺めていました。 嬉しいメールが来ました。 昨日は、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

胡蝶蘭、一輪、花開く

温泉にゆきたい。 ずーと部屋に燻っていたから、ひろ~い湯ぶねにゆっくりつかりたい。 まだ無理かな、いや誰かがついてりゃ大丈夫。 やっかい掛け通しついでにあきお君にあまえましょうっと。 あんまり遠くはゆけないだろう。 だからと云って、近場のスーパー銭湯なんかはごめんだ。 美味しいものも食べたいし。 鳴子、秋保、作並あたり…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

三平くんが来てくれた、白謙の笹かまを持って。

大寒 次候「水沢腹く堅し」みずさわあつくかたし 沢の水が厚く張り詰めるころ。 新暦では、およそ1月25日~1月29日ころ。 それにしても、今日の全国はあたたかい。 大阪に住んでいる甥から今朝がたメールが来た。 小生のブログをみて心配して。 今の小生の病気は、甥の母親(私の長姉)と体質がまるで一緒。 彼女も眩暈に悩ま…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

久しぶりの遠出、塩竈神社

大寒 初候「款冬華さく」ふきのとうはなさく 蕗の花が咲きはじめるころ。 凍てつく地の下で、春の支度が着々と進んでいる。 新暦では、およそ1月20日~1月24日ごろ。 小生にも、ぼつぼつ体調が良くなるころであってほしいのだが。 完調に70%ぐらいに戻り始めている日が増えている。 今日は65%かな。 一昨日は病院、やっ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more