麦の雨

アクセスカウンタ

zoom RSS 詐欺みたいな試写会 バサロ?で海を横断

<<   作成日時 : 2018/05/03 14:40   >>

面白い ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

衰えのひとつに視力蜃気楼

1年程前から、眼科医に白内障が少しありますよ、まだまだ普段の生活には差し支えない、まして手術するほどのことではないと・・・。
しかし、今、眼鏡をかけても視力は0,7どまり。
現状では、いくらメガネを調整しても0,7が精いっぱいらしい。白内障の手術をすれば1,0まで上がるかも知れません、と。
だから手術って微妙、この0,7って、これも微妙。


そうそう一昨日の映画試写会って、なんか詐欺にかかったみたい。画像画像
これも自分たちが、新聞にはさまってきたチラシをしっかり見なかった、読まなかった所為だ。
五時半かっきりに開演、
やたらにうんざりするほどの長いトークが、いい加減に試写を始めろって、いらいらし始めた。
20分を過ぎたころ、どうもヨウスがおかしい、チラチラ観客が帰りはじめるではないか。
30分が経った、やがて40分が過ぎた。
「それでは、このへんでトークショーは終わります、ここから「狐狼の血」のスペシャル映像上映をごらんください、お帰りには出口で「狐狼の血」のチケットを売っております、どうぞお買い求めてください」だって。
ちょろちょろ映画の部分カットが、10分前後流されて、場内は明るくなった。
午後5時半から7時まで、まったく意に染まない時間が過ぎ去った。
あぁ、なんてこっちゃ。

あれってトークショーって云えるのかな。
私にはまったく興味のない会話、聞き取りづらい音響、くだらない話題がだらだら・・・。
檀上には、まったく知らない映画監督、この映画の原作者、この作家も、まったく知らない、それと出演者の阿部純子(この女優も知らない)、なんでかこの映画に出演もしてないのに、たまにしかお目にかからない爺さん伊吹五郎なんだ。
主演級の役所広司、松坂桃李を呼ぶのは無理でも、せめて脇役の石橋蓮司。滝藤賢一あたりならまだ辛抱もできるが。

もう、うんざり。
すっかり疲れて、歩行もままならず車椅子で帰途に。

そして、帰ってから新聞に挟まっていたチラシをじっくり見直した。
「あ〜ぁ、ちゃんと書いてあるじゃん」

チラシの下部のほうに
※ゲスト=白石和彌監督、出演者複数によるトークショーと本編映画の部分上映を実施します。
(本編すべての上映ではありません)

あきれ返って、自嘲気味に笑い飛ばしあった。

私は残していた晩ごはんを食べながら
ナイター「巨人ー広島」を、まだ三回で3対3の同点だった。
あ〜ぁ、これまた、負けてはならない宿敵広島に競り負けた。
ますます不愉快に、ぐったりしてベッドインでした。

画像もひとつ、おまけに
広島県警に苦言を。
あの愛媛今治の脱走犯は、私の思っていた通り、とっくに海を泳いで逃走していた。
そんなこと予想できなかったのか、お巡りさんたち。
あきお君曰く
きっと最初は背泳のバサロをつかって、沖まで出て、そこから平尾よぎ(平泳ぎ)で向う岸に泳ぎ着いたと。ワハハハ〜

※バサロって?知ってます、今のスポーツ庁、長官鈴木大地がソウルオリンピックで、このバサロ泳法が得意で金メダルだった。
the rest 34608

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
面白い 面白い
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
詐欺みたいな試写会 バサロ?で海を横断 麦の雨/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる