麦の雨

アクセスカウンタ

zoom RSS 緑雨の季節と盛岡の友人

<<   作成日時 : 2018/06/06 16:55   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

今日の仙台は曇天なり。
私の体調は、この10日ほどすこぶる曇天なり。
大雑把に云えば心の中も曇天なり。

この時期、要するにあと何日かすると、やがて東北も梅雨にはいるだろう。画像画像画像
気圧が降りてくると、脳梗塞を患ってから、かならず頭重がはじまるのだ。頭痛ではない、なんとも始末の悪い頭重なのだ。
これは経験したひとでないとわからない。

でも、そんなこと言ってられない、やりすごすことだ、と割り切っている。
が、辛いのには変わりない。

それより腰の具合がいつまでも良くないのだ。
一昨日、掛かりつけの漆山医院の先生に、忙しいのは承知で電話で
「先生の知っている中でいい病院はないですか」
ひとつ返事で心よく教えて下さった。

さっそく、その日の午前中に、痛み止めの薬を飲まずに車椅子で出かけた。
なんと大病院並みの込み合い状態、10時半に受け付けたのに、診療が終えたのは2時ちかく。
看護師に聞いたら、まだ開院して2年だと、評判がいいのだな。
ま、納得のいく治療だったような。
レントゲン撮影に、痛いのなんのって、シチテンバットウ。
幸いにも、ぎっくり腰の一種だと、痛み止めのくすり、湿布剤、ちょっと質の良いコルセットでようすをみなさい、と。
静かにしていれば、2,3日で良くなりますよ。
それにしても、まだこの腰よくない感じなのですよ、いやになりまする。
で、もって早稲田イーライフ青葉のリハビリは今週も休むことに。


昔からの友人、盛岡のスナックのマスターの連れ合いがガンで危ないと
シャンソン歌手のささき絢子さんが、つい最近電話で知らせてくれた。
放ってはおけません。
画像で、私は出かけられないので、あきお君が自分のマンションの所用もあるというので、先日、盛岡のスナックにお見舞いを兼ねて行ってもらった。
まだ、6時半過ぎの火曜日だというのに、次々客が見えて満席に、録に話もできなかったと。
マスターが気を利かせて、唯一私が盛岡で親しくしているバンちゃんを呼んでくれたみたい。
あきお君は自分から積極的に話さないタチだから、話がはずんだかどうだか…。

バンちゃんのことは、私がスナックを始めた頃から気に入っていたひと、盛岡から度々来てくれた温厚で清潔感のあるお客さん、たくさんの人に好かれていた、今はすっかり小太りの紳士。
脳梗塞で臥せっていたとき、お見舞いに来てくれて以来会ってない、できたら今でも会いたい。
そうそう、彼はお見舞いのとき、金子兜太の本を持って来てくれた。
彼の前で、心を赦して、つい大泣きしたことを覚えている、病魔に囚われた悔しさに。

彼は俳句もできるひと、できたら私の主宰の句会に来てほしいと思っている、盛岡から無理か、せめて欠席投句でも頼んでみようかな。

12年6月14日のブログに彼の俳句を載せた。
 緑雨馬コが通る鈴が鳴る  啓志
 ちょうど、またこの季節に…、情景のみえる素晴らしい俳句。
 あゝ、できるなら今一度、盛岡にゆきたい、こういう情景にあこがれる。
 緑雨・・・・・彼はこれを敢て《みどりあめ》と。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
緑雨の季節と盛岡の友人 麦の雨/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる