麦の雨

アクセスカウンタ

zoom RSS 自分のこと、長嶋茂雄さん、西城秀樹のこと

<<   作成日時 : 2018/06/11 17:45   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2

ついに東北も梅雨入り。
小生にとっては頭重が時折り起こる厄介な日が続きそう。

おまけに腰痛が一向に良くならない。
やっぱり歳をとったな、と、つくつづく感じる。
もう2週間、通所リハを休んでいる、この6月も休むことになるだろう。

午前中ケアマネの板井さんが来てくれた。画像画像
理学療法士のいる介護リハビリ所を探してみましょう、と。
彼女のやさしい励ましが、とても嬉しい。
せっかくかなりの距離の歩行ができるようになったのが、この半月でガタンと落ちた。
それと、やたらに足が重くなった。
今は、部屋の中をやっと歩いている、杖さえときどき使う状態に。
正直、悔しい。
でも、再び元気に歩行すること、あきらめてはいない。
とにかく、はやく腰を治すこと。
今回の整形外科医は
「そんなに焦らないで、ゆっくり治しましょうよ」
「悪化するような腰の状態ではないから」
と仰るけど、健常者の腰痛ではない小生には、歩行を休むこと自体が、即、足の退歩なのだけど。

それはそれで
長嶋茂雄さんのガンバリが、小生をとても勇気づけてくれる。
この間も東京ドームでの、「巨人ー西武」の観戦の姿がテレビに映し出されていた。
あの方でさえ、あの方だからこそ、一日もかかさず歩行は休まない、と。
一日でも歩行を休むと、退歩するからと。
「私がこうして元気でいることが、全国の脳梗塞後遺症でがんばっている人たちに勇気づけるられるなら、敢て人前に自分の姿をみせる」と。
彼のようなスーパースターだった人が、あゝして人前にでるのは憚られたろうに。

小生は、自分が健康なころは、
「長嶋さんが、なんで?あんな姿で人前に出て来なきゃいいのに」と思っていたが、間違っていた。
なんでも前向きに捉える彼のすばらしい人間性が、そうさせた、と感嘆。
やっぱり、私は長嶋ファンで良かった、精一杯生きていてほしい。
今、心からそう思う。

ただ、西城秀樹は無念だった、若かっただけにショックだった。
彼のガンバリにも、強烈に励まされていた。
                           33600

青年の眉美しく夏に入る

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
同じ病気を発症しても長生きする方もいれば短命な方もいて何が違うのだろうと考えさせられますね
海沿い
2018/06/14 23:35
本当につくづくそう思います。
ま、その人その人の宿命でしょう。
私も、それに従わざるを得ませんね。
麦雨
2018/06/15 16:12

コメントする help

ニックネーム
本 文
自分のこと、長嶋茂雄さん、西城秀樹のこと 麦の雨/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる